トップページ > 制作事例
制作事例

| Next»
作品名: Pt900 ダイヤフルエタリング

静岡県 M様
素材
PT900
ダイヤ 2.5㎜:7ps 
    1.0㎜:235ps
    トータル 1.33ct
    
遠いところお越し下さいまして、ありがとうございました。
某ブランド風でのご希望で制作させて頂きました。
リング1本での、メレダイヤの数は、なかなか見れない物かと思います。
デザインイメージを、一度描きますので、お客様にも安心して、オーダー出来るとの事でした。
ありがとうございました。

作品名: シルバー ヤマハエンブレム ペンダント

山梨県 A様

素材 
シルバー

A様、ご来店ありがとうございます。
ヤマハバイクが好きな方で、彼女にプレゼントでの制作依頼でした。
私も、前にヤマハのSRを乗っていましたので、話が盛り上がってしまいました。
またの、ご来店お待ちしています。

作品名: Pt900 0.518ct Dia Wire Ring


甲府市 O様

素材 Pt900 Diamond 0.518ct

O様 ご婚約おめでとうございます。
O様が、雑誌を持ってきていただいて、同じ様に制作いたしました、作品です。
シンプルですが、Diamondの留めワイヤーのライン等が繊細で、高度な技術かと思います。
末永くお幸せをお祈りいたします

作品名: K18 甲丸 パヴェ留め 1ct リング

甲府市 D様
素材
K18
ダイヤ トータル 1.00ct

結婚10周年記念おめでとうございます。
アニバーサリーでのオーダーして頂きありがとうございます。

トータル1.00ctでのオーダーでしたので、ダイヤの配置が知恵の輪をしているかのような感覚でした。
また、指なじみを良くするためと見た目が良いので、リングの裏向き部分に裏板の施しをいたしました。

作品名: K18WG フラワー ダイヤ リング

東京都 Y様

素材
K18WG
メレダイヤ44ps 1.10ct

遠いところ、お越し頂きありがとうございました。
某ブランドの雑誌を見させて頂き、そのようなテイストで作らせて頂きました。
指輪を付けますと、リングのラインが無いのであたかも、指と指の間から花が咲いている様な、すてきなリングになりました。

作品名: Pt900 ハートダイヤ 取り巻きリング


京都 S様

素材 
Pt900
センター ハートダイヤ 1.009ct
メレダイヤ 37ps 0.39ct

遠いところでもありメール お電話での、ご確認でしたが、ご対応ありがとうございました。
このリングの特徴は、変形石のハートダイヤは、1ctくらいになりますと1psずつ形が微妙に違いますので、既製品では取り巻き部分の形が合わず、隙間が出たりしますが、オーダーですとハートダイヤの形に取り巻き部分を合わせますので、ハートダイヤがぴったり、はまりますので、一体感が生まれます。
また、メレダイヤの爪も特徴ですが、爪の延長を江戸切り子風にカットしてあります、すいっきり見えて良い感じかと思います。

作品名: Pt900 平打ち エメラルド サファイヤ リング

東京都八王子市 T様
素材 
Pt900
エメラルド
サファイヤ
遠いところ、お越し下さいまして、ありがとうございました。
メールでデザイン画をお送りしまして、進めさせて頂きました。
スムーズに、進めさせて頂きありがとうございました。
また、何かございました、ご連絡お待ちしております。

作品名: K18 Dia 20Anniversary Ring

埼玉県 狭山市 K様
素材 K18イエローゴールド Dia 17ps 0.3ct

遠い所、お越し下さいましてありがとうございました。
結婚20周年の記念日に私の所でオーダーして頂きありがとうござます。
この様な、記念日に制作させて頂きありがとうございます。

作品名: Pt900 ダイヤ ペンダント




宮城県 H様
素材
Pt900
センター 0.54ct

H様が、始めデザイン画を送ってい頂いたところかは始まりましたオーダーでした、詳細に描かれていましたので、この業界の方かと思うくらいでした。
H様と打ち合わせを進めて行きますと、お話しの中で宮城県の某テレビ局のアナウンサーをしているとの事、お茶の間ではニュースを見ていると、
ペンダントは必ず目に入っていきますので、しっかり作らなければと、思う逸品でした。
ありがとうございました。

作品名: K18 ルビー取り巻き キング


岐阜県 K様

素材 K18
センター ルビー 2.00ct
メレダイヤ 76ps 0.66ct

メール お電話また精密なデザイン画のイメージでの対応させて頂きました。
スムーズに、進めさせて頂きありがとうございました。

| Next»

Copyright (C) 2008 Owakougei All Reserved